2020年2月20日木曜日

すぐ「世代のギャップ」という中高年男性たち


社内コミュニケーションは、どの会社でも何かしらの課題がありますが、うまくいかない理由を聞くと「世代のギャップ」と言われることがあります。これを持ち出すのは、ほとんどが40代後半以上の中高年男性で、私と同世代にあたる人たちです。

最近もいくつかの会社で、社員の方々から情報共有やコミュニケーションに関する課題をヒアリングしている中で出てきました。
はじめのうちは自分の原因も話に出ますが、徐々に本音が出てきて「価値観が違う」「話が通じない」「常識がわかっていない」などと言い始め、その理由は「世代のギャップ」となります。
自分たちは「気をつかっている」「働きかけている」「歩み寄っている」と言い、それに対して相手が乗ってこないそうです。「世代のギャップ」が原因なので解決しようがなく、「もうあきらめている」などと言います。しかしそれでは困ります。

そもそも、本当にそれは「世代のギャップ」が原因なのでしょうか。私はその人たちとは同世代ですが、決してそればかりではないと思っています。世代の違いは確実にありますが、それ自体がコミュニケーション問題の原因ではありません。

みんながみんなではありませんが、「世代のギャップ」を言い出す人には、私から見るとある共通点があります。
一つは「相手への過剰な期待」です。「これくらい言わなくてもわかるだろう」など、自分と同質の価値観や、ともすると「あうんの呼吸」を求めています。
しかし相手とは年令差があり、確実に価値観は違います。そこで「これくらい常識」「言わなくてもわかるだろう」と考えること自体に無理があります。
言うべきことを言わずに済ませて、その結果「通じていない」「理解していない」とイライラしています。これは世代にかかわらず、他人には自分の考えを、言葉に出して言わなければ伝わりません。
伝える工夫や努力をしている人の場合、「なかなか伝わらない」「伝えるのが難しい」とは言いますが、それを世代のせいにはしません。他人と自分の考えは違うのが前提だからです。

もう一つは「本人の姿勢や態度」の問題です。特に気になるのは、これを言う中高年男性は、みんなどことなく不機嫌そうに見えることです。
このことが相手を何となく威圧していて、できれば触れたくない、最小限の話で済ませたいと思わせてしまい、その結果コミュニケーション不足が起こっています。特に男性の場合、年令を重ねると普通にしていても不機嫌に見えるそうです。

私は同世代なので、若い人ほどには感じませんが、特に「世代のギャップ」を言う人は、顔を合わせた当初から、何だか不機嫌そうに見える人が多い気がします。話すと全然そんなことはないので、もったいないと思いますが、やっぱり若手からすれば、不機嫌そうなオジサンにあまり関わりたくないと思うのは当然です。

さらに、若手がちょっと勇気を出して話してみても、一方的に自分の話ばかりされたり、やけに押しが強かったり、根掘り葉掘りどうでもいいことを質問されて、とても面倒だったりします。
年長者からすれば、たぶん親密度を高めたいがゆえの雑談なのでしょうが、相手は事務的な確認だけできればよいと思っていたとしたら、そんな余計なやり取りはわずらわしいだけです。
相手との距離感のとらえ方や、その場に応じた話題作りが適切でないのです。

話題作りや距離感は、すぐにどうにかするのは難しいですが、それ以外のことは意識すればできます。
「伝えるべきことは、口に出してきちんという」「いつも機嫌よくしている」の二つのことです。
「察して動く」のは相手を深く理解しないと難しいですし、「不機嫌な人」には近寄りません。これを変えるだけで、コミュニケーションの問題は結構解決されます。

何かにつけて「世代のギャップ」を理由にする人は、外国人に対しては「文化の違い」といい、女性に対しては「性別の違い」と言います。「うちの会社は他社とは違う」などと言い出すのも似たようなことでしょうが、「異なる価値観は受け入れない」と言っているようなものなので、たぶん変革が進められない会社です。

もちろん若手の側にも問題はありますが、年長者の方がより経験豊富で、対応できることが多いはずです。
「世代のギャップ」も「価値観の違い」もあって当たり前、それを埋めるのがコミュニケーションなのです。


2020年2月17日月曜日

「在宅勤務はやりたくない」という理由


国内でも新型肺炎の二次感染、三次感染と思われる人が出始め、いよいよ蔓延し始めている様子があります。だからといって家に閉じこもるわけにもいかず、マスク、手洗い、人混みを避けるといった一般的な対策しかしようがありません。
ただ、人との接触を極力避けるという点から、このところ「在宅勤務」を推奨する企業が見られるようになってきました。大人数と直接接触せずに、それでも仕事が進められるということでは、感染症対策としては有効だと思います。

今は日常的な仕事の中でも、一部の業務を出社せずにおこなったり、テレビ会議のような形で離れた場所同士で打ち合わせをおこなったりすることも増えてきました。
実際にやってみると、少なくとも私は不自由を感じることは一度もなく、快適に仕事が進められています。特に移動時間を大幅に短縮できるので、その点ではとても効率的です。

ただ、個人的に話を聞くと、これだけ環境が整った今でも、「在宅勤務」をはじめとしたリモートワークを、あまり前向きにとらえていない人がいます。必ずしもテクノロジーが苦手な人や古い考えの年長者というわけではなく、属性は千差万別です。

もう6~7年前になると思いますが、私はリモートワーク導入に関するセミナーをしたことがあります。そこで参加者に聞いたときは、約半数の人が「在宅勤務はあまりやりたくない」と言っていました。
そのほとんどが男性で、やりたくない理由を聞くと、多かったのは「家で仕事をしたくない」「家では仕事に集中できない」「仕事とプライベートのケジメがつけられない」など、自宅ほかのプライベートな場所には仕事を持ち込みたくないという気持ちの問題でした。
中には「平日の昼間まで家族と顔を突き合わせたくない」とか、「“会社に行く”という最も正当な外出理由を放棄したくない」といったものもありましたが、こちらも仕事の進め方とは直接関係がないことです。

最近お付き合いがある地方の会社では、職住接近で通勤の負担がないため、社員から「在宅勤務をやりたい」というニーズはほとんどありません。私が聞いた人は「家で仕事なんて・・・」「在宅勤務なんて冗談じゃない」と言っていました。

また、特に営業職やサービス系の業界の人に多かったですが、お互いにいつでも目が届き、何かあればすぐにフェイス・トゥ・フェイスで直接話せることが大事だと言い、「場」をともにすることが仕事上では都合が良いといいます。気持ちはわかりますが、これらはテクノロジーの活用で、十分に代替可能な話です。

「在宅勤務」をはじめとしたリモートワークは、これまで「生産性向上」や「働き手の利便性」といった面で語られることが多かったですが、今回の件では「事業継続」や「社員の健康維持」といった点でも重要なことが、より鮮明になりました。
「やりたくない」という理由のほとんどは、仕事とプライベートがあいまいになることを嫌う心理的なハードルです。そんな気持ちの問題を解決しながら、やはり積極的な導入を進めることが望ましいでしょう。

そうは言っても、「在宅勤務」が物理的に不可能な仕事もたくさんあります。工場の製造ライン、店舗運営にかかわる仕事、直接的な対人サービスなどでは、在宅でできる仕事はありません。
感染症対策としては、公共交通機関以外での通勤をさせるなど、考えられるものはありますが、人と接しなければ仕事自体が成り立たない業種もあり、在宅勤務などの制度やテクノロジーの導入で、すべての問題が解決できるわけではありません。

それでも、「在宅勤務」が事業継続のための有効な施策の一つであるのは間違いありません。社員の働きやすさという視点以外でも、導入を考えていく必要があります。


2020年2月13日木曜日

転勤を知らない私が「転勤族」の話を聞いて思うこと


ある新聞で「“何のために働いてきたのか” 50代転勤族の嘆き」という記事がありました。

登場人物はIT会社の50代男性で、担当が変わる度に転勤させられ、引っ越しは15回になるそうです。結婚して子供が産まれた後も、断続的に10年超の単身赴任で、結婚生活の半分以上を占めているといいます。

「家族と一緒に異動先へ」という考えもありましたが、「親の都合で子供も連れ回したくない」と単身赴任を選びました。
赴任当初は「家族と一緒に過ごしてつながりを保っていたい」と頻繁に自宅へ帰っていたそうですが、二重の生活費や交通費などの金銭的な問題もあり、その回数は徐々に減っていったそうです。
たまに帰っても家族との会話は弾まず、妻とのやり取りも途絶えがちになり、家族との間に溝を感じて孤立感があり、家族の絆の危機を感じているとのことです。

子供の成長につれて家族同伴はさらに難しくなり、転職には収入減の心配で踏み切れません。
「家族のため、生活のためと単身赴任を受け入れてきて、その結果の今のさみしさでは、何のために働いてきたのか、分からなくなる」と締めくくられていました。

この話を聞いて、私は「大変」「かわいそう」と思います。私にとっては新入社員の頃から、一番避けたいと思っていた働き方だからです。「自分の意思にかかわらず、仕事のために住居を変わる」というのはとにかく嫌でした。
それを避けるために、就職先は「転勤がない会社」となり、それはほぼイコールで中小企業となります。もしかすると自分の可能性を狭める選択だったかもしれませんが、それでもそこからいろいろな経験をしてきて、その結果として今があります。

転勤がある会社へ行く人は、そこまで嫌という感情はないのかもしれません。逆に海外勤務や地方勤務を希望する人もいますし、それが良い経験になった話も聞きます。
その一方、この記事と同じように、単身赴任が長くなって家族とのつながりが途絶えがちという話も聞きます。やはり「家庭を持ってから」「本人が希望しない転勤」の負担は大きいと思います。

そんな人たちに、あえて転勤のメリットを聞くと、「人脈形成」や「人生経験」といったものが出てきましたが、これは主観的であいまいなものです。「出世のため」というのもありましたが、転勤したから出世が保証されるわけではないので、これも本人の思い込みに近いところがあるでしょう。
しいて言えば、終身雇用の交換条件として、転勤を受け入れていれば、その会社で長く働くことができるということでした。

しかし、この記事のようなレベルになると、会社からの配慮があまりにも少なく、本人の協力的な姿勢に会社が甘えているところがあります。
結果的に本人のデメリットがどんどん増していき、逆に会社は人員配置上の裁量というメリットをずっと持ち続けていたわけです。転勤は会社側に大きな裁量が認められているので、こういうことが往々にして起こってしまいます。

私が転勤を嫌と思った理由は、自分にとってメリットと思うことがなかったからです。
「出世」は特に意識せず、定年まで勤めようとも思っておらず、「人脈形成」や「人生経験」は、別に転勤しなくても積むことができます。地方や海外での勤務希望もありません。
そうなると、転勤のメリットは会社にあるだけで、そのやり方によっては自分が翻弄されます。そんないびつな会社との関係が嫌でした。

最近、こんな私と同じく「転勤はしたくない」という人が増えているといいます。大きな理由はプライベートを重視する傾向と、「その会社に長く」「出世」など、働き手にとってのメリットが薄れていることです。
会社側も地域限定や勤務地限定制度の導入や、本人希望への配慮や事前の相談など、対応が大きく変わってきています。
その一方で、相変わらず「転勤族」がたくさんいる職場もあります。

転勤から学べることはたくさんあるでしょうが、その学びが転勤でしか得られないかというと、必ずしもそうではありません。
先のことはわかりませんが、私は「転勤族」という言葉が、徐々に死語に近づいていくと思っています。
やはり「どこに住むか」はプライベートの基本です。「転勤」は双方合意で慎重に進めることが求められる時代になっています。