2020年4月2日木曜日

見た目と中身の違いを知ってくれている人の存在


先日、家の近所を歩いているときにこんなことがありました。
お散歩中の犬同士がすれ違いざま、片方の犬がすごいうなり声をあげて、飛び掛からんばかりにしています。
するとその飼い主が、相手の飼い主に声をかけています。
A:「以前お会いしたことがありましたか?」
B:「さぁ、ちょっと記憶が・・・」
A:「実はこれ、この子の喜びの表現なんです」「前に会って気に入って、また会えた感じかなと・・・」

確かにうなり声をあげながら少しずつ近寄って、急に嬉しそうにじゃれついています。
飼い主は、「こんな感じだから、いつも威嚇していると勘違いされちゃうんですけど・・・」と言っていますが、外見だけを見ていたらそう思うのは無理もなく、この飼い主が犬の見た目の様子と内心の違いを理解していて、それを説明してくれたから初めてわかることです。

こういうことは、仕事でもプライベートでも、意外によく出会うことではないでしょうか。
例えば「見た目は怖いけど、実は優しい」「落ち着いて見えるけど、実はあがり症」「要領がよさそうで、実はどんくさい」、その他いろいろあるでしょうが、本人の自覚はともかく、周りの人がそのことを知っていてくれると、いろいろな場面で良いことがあります。

ある会社に、複数の指示をされると前に言われたことが、必ず何か抜け落ちてしまう新入社員がいました。研修の時から「指示通りに動けない」「注意力が足りない」と低い評価を下され、お荷物扱いをされていました。「きちんと覚えろ」とか「メモを取れ」とか言われ、本人はそれを一生懸命守りますが、問題は改善されません。

そんな中で、ある先輩社員が、「複数のことを一度に言われて混乱してしまうのでは」と思い、一つ一つの仕事が完結するように配慮して指示するようにしたところ、きちんと仕事がこなせるようになったのです。
並行してやるのは苦手ですが、一つ一つの仕事は決して遅くなく、順番に指示してあげれば人並み以上の量もこなせます。もしも周りが「注意力が足りないダメな社員」とレッテルを貼ってしまっていたら、十分に仕事がこなせるこの人の能力は、発揮されないままで終わっていたかもしれません。

自分の特性を周りの人に理解してもらうのは、とても大事なことです。また周りの人も、その人の特性を理解してあげる姿勢が必要です。
見た目と中身のギャップは、人間である限りいろいろなところに存在します。そんな違いを知ってくれている人が周りにいれば、いろいろな場面で助けになります。

自分の「見た目と中身の違いを知ってくれている人」は、家族、親友、上司、同僚、先生、師匠など、いろいろな形で存在します。そんな人たちに自分のことをよく知ってもらうとともに、自分も誰かにとってのそういう存在でいようとする気持ちも大事です。
やはり、お互いがよく知り合って、協力し合ってこその人間同士なのだと思います。

2020年3月30日月曜日

「制限されたコミュニケーション」の難しさ


あるテレビ番組で、「デフフットサル」という聴覚障がい者のフットサルが紹介されていました。
競技のルール自体は健常者のフットサルと同じですが、選手には聴力の基準があり、競技中は補聴器を外すことが義務付けられています。選手は笛の音が聞こえないため、審判は判定にフラッグを使い、選手間のコミュニケーションは手話やアイコンタクトでおこなっています。

聴覚障がいの場合、運動能力が健常者と変わらないことや、その他競技の歴史的事情から、パラリンピックの種目に含まれておらず、競技人口も国内では200人程度ではないかとのことでした。
しかし、前回2019年におこなわれた「デフフットサルワールドカップ」で、女子日本代表が史上初の5位になっているそうで、にもかかわらずメディアに取り上げられることはほとんどなく、競技自体もあまり知られていないそうです。
メディア露出で少し注目度が上がって支援が広がればとのことです。

番組では元A代表の男子選手がプレーを体験していましたが、始めるまではルールも同じだし問題なくできると思っていたものの、実際にやってみると、チームメートへの指示、ボールの要求、ポジション修正など、声や音によるコミュニケーションが一切できないことによる難しさを痛感したと言っていました。

コミュニケーションを補うために、ミーティング時にボードで確認したり、身近にいれば肩をたたいて気づいてもらったり、工夫はしていても不自由があるのは変わりません。周りからの指示や修正が伝わりづらいことで、「気づかない」などのプレー上のミスも多いようです。
コミュニケーションが一部でも制限されると、いろいろな難しさのあることがわかります。

このコミュニケーションによる問題は、新型コロナの影響で在宅勤務をはじめとしたリモートワークが増えている中、企業でも同じようなことが起こっています。
「直接会って話せない」「会議が開けない」「見えるところにいないので表情がわからない」「どんな様子かが観察できない」「気持ちが察せない」など、場を共有していないことによる様々な不便さです。
今までは特別な働き方だった「在宅勤務」が毎日継続するようになって、意外に問題なくできる仕事がわかる一方、思っていた以上に支障も出てくることもあり、そのほとんどはコミュニケーションにかかわるものでした。

この問題は、「やはり直接話さなければ仕事にならない」などと切り捨ててしまうことはできません。デフフットサルに当てはめれば、選手の聴覚が戻ることはなく、そのことを前提としてコミュニケーションの仕方を考えなければなりません。
これは会社でも同じです。もしそれが次善の策だったとしても、状況の終わりが見通せないならば、そのことを前提として、最善と次善のギャップをいかに埋めるかを考えなければなりません。

いま多くの会社で見えてきている業務上の不都合は、実はそのまま業務改善のテーマになります。不自由だからといって以前のやり方のままに戻すことは、今の環境では不可能です。置かれた環境の中で、いかに不自由や不都合を減らすかを考えなければなりません。

これからの経済や景気のことはとても気になりますが、仕事のしかたを見直すということに限れば、これも良い機会になるのではないでしょうか。


2020年3月26日木曜日

「在宅勤務は寂しい」という声


新型コロナの影響で、在宅勤務の対応を始める企業が増えています。
今回の件で、大規模な在宅勤務体制を早くから始めていたIT企業のGMOインターネットが、社員に対しておこなった「在宅勤務に関するアンケート」の結果が公表されています。

この結果を見ていくと、今回の在宅勤務体制については、9割近くがプラスの評価をしていますが、マイナス評価が一般事務や金融系グループ会社に多く、業務への支障の有無は「なかった」「あまりなかった」が7割を超えている一方、マイナス評価が多かった「一般事務・管理部門・営業管理部門」の職種と「金融系グループ各社」では、支障が「あった」「大いにあった」という回答比率が高くなっています。

支障の内容は、作業環境(設備)と、コミュニケーション(意思疎通)、営業・対外活動(対顧客)、その他業務面に大きく分けられ、設備面では「リモート環境が遅い/アクセスできない」「椅子机やPCサプライがないことによる作業効率低下」、コミュニケーション面では「コミュニケーションの減少」、業務面で「紙ベースの業務に支障」「業務上、在宅では対応が難しい」といった課題が挙げられていました。金融などの業務で顧客対面、紙ベースの業務ができないとなると、確かにいろいろ難しそうな感じがします。

自由意見の中で、メリットとして多く言われているのは、「朝晩の移動が想像以上に体力負担をしているものだと改めて感じた」「終業後タイムラグなしで育児ができる」など「通勤に関する負荷軽減」と、今までは同時進行が難しかったことや、活用できずに埋もれていたすきま時間が有効に使えるようになったことでの「可処分時間の増加」に関するものでした。ある程度予想通りの内容だといえるでしょう。

デメリットは作業環境や設備面の話が意外に多く、環境的には進んでいると思われるIT企業であっても、「社内ネットワークに接続できるデバイスがない」「リモート接続環境などで未整備のものがある」といったことがありました。これらはその気になれば順次改善ができることでしょう。

その他、思っていたよりも重要だと気づかされたことですが、住宅事情等で自宅の作業環境が左右されて、集中できないようなケースが結構あったことです。
「自宅のネット環境が遅くて作業効率が下がる」「モニター、テーブル、イスなど業務をおこなうのに適切な設備がなくて疲労がたまる」「打合せ中は静かにするなど家族に協力してもらっているが、家族にとってはストレス」「隣りで工事していて日中騒音がひどい」といったものがありました。
ウェブ会議では、「異論、質問、反応が少ない」「プライバシー問題でビデオを強制できないのでさらに表情がわからない」「家族や赤ちゃんがいると発言もしづらいのでは」という話もありました。
こういった点は、今後の課題になるのでしょう。

また、社長コメントとして、このアンケートでの評価結果はおおむね予想通りとした一方、「“(在宅が)寂しい”というコメントの多いのが印象的で、社員同士がコミュニケーションを取りながら仕事をすることが一定程度必要であることが伝わった」と話しています。
「寂しい」というのは、私も言われて初めて「なるほどそうか」と思いましたが、対顧客だけでなく、社員同士のちょっとした雑談も含めたコミュニケーションも、仕事をする上では重要だということをあらためて確認しました。
「場を共有する」というのは、やはり大事なことです。

この「在宅勤務」もそうですが、実際に本気でやってみないとわからないことがたくさんあります。
「働き方改革」の中ではテレワーク推進が言われていますが、そういう掛け声だけで物事が進むほど、単純ではないことがよくわかります。
このアンケート結果は、とても貴重な資料だと思います。