2017年11月17日金曜日

「売り手市場」と「買い手市場」、どちらもミスマッチが増幅する怖さ



来年4月入社に向けた新卒採用はほぼ終息し、もうその次の年に向けた活動が始まっています。
今年は空前の売り手市場と言われ、特に企業側の担当者の苦労は大きかったですが、では学生はみんな楽をして幸せだったかというと、決してそんなことはありません。決まる人とかなかなか決まらない人の差が大きかったり、必ずしも希望通りの業種や職種とはいかなかったり、そうそう思い通りにいくものではありません。

また、こういう「売り手市場」と言われるときは、短い活動期間ですぐに内定が出てしまう人がたくさんいるので、会社との相性や自分の適性を深く考えるところまでには至らずに入社を決めてしまうことがあります。会社側も人数確保を優先して、多少の適性不一致には目をつぶっていたりします。
結果として、入社してから「こんなはずではなかった」「こんなこととは思わなかった」というミスマッチを感じて、早期の退職につながってしまいます。さらに新入社員の側には、心のどこかに「入社してやった」という気持ちがあって、見切りが早まっているときもあります。

ただ、これと同じことは、就職氷河期と言われた「買い手市場」の時にも起こっています。
このころは、なかなか内定がもらえない学生側が、妥協に妥協を重ねてようやく内定を得られた会社に入社しているというようなことがたくさんありましたし、それに乗じて応募者をずいぶん雑に扱った会社もありました。すべてではないですが、「採用してやった」と思っている会社がありました。
新入社員は苦労して入社しているので、見切りの早さは売り手市場の時ほどではないですが、それでも当初の希望に反しているということでは同じくミスマッチとなっていて、やはり何かちょっとしたきっかけで退職につながってしまいます。無理して合わせていても、いつかどこかでうまくいかなくなります。

このように、「売り手市場」や「買い手市場」では、力関係がどちらかに偏っていることで、そこから生まれたひずみが原因でミスマッチが起こっています。ここで大きいのは、それぞれ「入社してやった」「採用してやった」という意識の問題です。これは「入社させてもらった」「採用させてもらった」という一見すれば謙虚に思えることでも、自分を卑下して力関係のバランスを偏らせていることでは問題は同じです。
もちろん、会社に恩義などを感じていてくれればそれは有難いことですが、そういう感情は時間とともに変わるもので、深まるよりは薄れていくことがほとんどでしょう。

私がこれまで長らく採用活動にかかわってきて、最も好ましいのは、単に「入社した」「採用した」とお互いが変な思い込みを持ち過ぎていないイーブンな関係です。この関係を築くには、どちらかと言えば会社側の態度が大きく影響すると思っています。

これは「市場環境に引きずられて相手に対する態度を変えない」ということです。「自分たちの都合で駆け引きをしない」ということでもあります。
もちろん採用基準や募集職種、労働条件などは会社の事情で変わるものです。ここで「相手に対する態度」と言っているのは、情報提供の仕方や内容や、相手を威圧したり反対に懐柔したりというような偏った接し方のことです。

私も今まで数多くの会社の採用担当者と接してきましたが、ある人は就職氷河期と言われたころ、「うちの会社は厳選採用だ」と言って胸を張り、選考基準や入社後研修の厳しさを自慢していましたが、環境が変わっても同じことが言えるのかは疑問でした。
またある人は、「とにかく入社させてしまえばこっちのもの」と言って、応募者と様々な駆け引きを駆使していましたが、都合の悪いことはあえて言わないというような不誠実なこともしたようでした。
それぞれ、その会社なりの考えがあってのことでしょうが、どちらもミスマッチの温床になることで、長い目で見ると、お互いがあまり幸せにはならないことです。

今は「売り手市場」ですが、こういうときほどミスマッチは起こりやすくなります。かかわっている人は、自分の身の回りを今一度見直す必要があると思います。


2017年11月15日水曜日

「できると言ってできない人」と「できないと言うけどできる人」はどちらが厄介か



少し前のことですが、ある会社でこんなことがありました。
中途採用した業務経験者に仕事を任せたところ、実際にはほとんど経験しておらず、任せたことが何もできなかったというのです。
担当者は「だまされた」などといいますが、採用面接であれば応募者は自己アピールするのが当然ですから、多少自信がないことでも「できる」「頑張る」と言ってしまうものですし、それを鵜のみにして採用を決め、いきなり仕事を任せた会社側にも責任の一端はあります。
この手の話は、「期待ほどではなかった」「思ったほどできなかった」などの程度の違いはありますが、どこの会社でも経験していることでしょう。

この会社では、実はもう一人これとは正反対の態度で上司を悩ませている社員がいます。
それなりの経験や能力はあるのに、「やったことがない」「自信がない」「私には荷が重い」などと言って、仕事の指示を拒むのです。ただしこれは、やる気がないとか、楽をしようとしているとか、自分の仕事量を調整しているとか、そういうことでは全くなく、ただ本当に自信がないのです。
本人はいろいろ言いますが、実際に仕事をやらせれば、それは問題ないレベルでこなしています。そういう経験を通じて自信をつけそうにも思うのですが、何か少し違うテーマになるとまた同じように腰が引けた態度に終始します。
こちらも程度問題ですが、心配症で自信がない人の扱いで苦労した経験のある人は、たくさんいると思います。

「できると言ってできない人」と「できないと言うけどできる人」という両極端の人材ですが、ではどちらの方がマネジメントに手間がかかるのかを少し考えてみました。

まず、「できると言ってできない人」は、仕事の指示に対しては前向きな態度を示すので、その段階ではそれほど苦労はないはずです。また、自律的に仕事を進めようとするので、細かい指示を求めてくることはあまりないでしょう。

一方「できないと言うけどできる人」は、本人が納得して仕事に向き合うまでには、なだめたりおだてたり、支援体制を示したり、かなりの手間と労力がかかります。仕事が始まってからも細かい指示命令が必要でしょうし、本人のメンタルなどにも気を配らなければなりません。

ただし、「できると言ってできない人」の場合、仕事が進んでいくほどに問題が起こるようになってきます。そもそもの業務遂行能力が足りませんから、品質が低い、納期に間に合わないなど、業務上では致命的な問題が起こってきて、内部的な話だけでは済まなくなります。また、あとから起こる問題ほど対策の選択肢が少なくなり、最後は人海戦術でこなすしかない事態になりかねません。

それが「できないと言うけどできる人」の場合では、本人は何事にも自信がないので、途中経過でいろいろ相談をしてきます。その都度対応しなければならないので、ついつい「自分で考えろ」などと言いたくなりますが、状況把握はしやすいですし、道を大きく外れることもありません。

こうやって考えてみて思うのは、人としての相性はさておき、どちらの場合も抑えるツボが違っているだけで、細かいマネジメントとして必要なことには、あまり変わりがないということです。
「できると言ってできない人」には、こちらから状況報告を求め、うまくいかないときの次善の策を考えておかなければなりません。
「できないと言うけどできる人」には、面倒がらずに一般的なマネジメントをコンスタントにこなすことが大事です。自信を失わないように、不安になり過ぎないようにフォローする、心理マネジメントも重要になります。
日常観察が重要なのは、どちらの場合も同じです。

「できると言ってできない人」と「できないと言うけどできる人」は、それぞれが正反対のように見えますが、実はこの両者の問題は、「自分を客観視する力が弱い」という点で共通しています。
そういう相手に対してマネージャーがやるべきことは、「相手の言うことを鵜のみにしない」「丸投げして任せない」ということで、必要なことは実は同じです。
ここまでの結論としては、「どちらも同じように厄介だが、やるべきことのツボはそれほど変わらない」ということです。

上司にとって、細かな指示をしなくても仕事を完ぺきにこなす「丸投げができる人」が一番うれしいですが、そういう人は多くはありません。
人のタイプにかかわらず、上司のやるべきことは意外に共通しています。人のタイプを見て考えすぎず、まずは基本通りのマネジメントが、一番必要なことではないかと思います。


2017年11月13日月曜日

学校も企業もなぜ黒い髪色にこだわるのか?



女子高生が髪を黒く染めるように強要され、それに関する学校の差別的な対応で不登校になったという話題があってから、最近は新聞記事やテレビ番組の中で「髪色の差別」を取り上げたものをよく目にするようになりました。

ある新聞記事では、地毛が茶色いといったことから、受験や就職といった人生の節目になるたびに面倒な思い、嫌な気持ち、黒染めの強制にぶち当たり、反発しても結局は通用せず、これが現実だとあきらめている様子が書かれていました。
またある日見ていたテレビ番組では、出演していたハーフタレントのほとんどが、特に学校などの教育の場で何らかの問題に出会った経験を語っていて、それほど執拗に指導と称した強制がされているのだと知りました。

今回の話題の発端となった学校では、仮に金髪の留学生が来ても規則だから黒く染めさせるなどと言っていたようなので、私はもうあきれてものが言えませんでしたが、そこまでではなくても「地毛証明」なるものは全国各地の学校にありますし、なぜ教育現場でそこまで髪色に執着するのか、なぜ化粧や服装とは違う生まれつきのことまでとやかく言うのかは、理由がちょっと理解できずにいます。
かつては不良や非行の象徴のようなイメージがあったかもしれませんが、今はもうそんな時代ではありません。教育現場での必要以上のこだわりは、このあたりの凝り固まったイメージが原因かもしれません。

これは、私がかかわる企業の採用、学生の就活の場面でも、似たようなことがあります。
就職活動の場面では、私も学生とはいろいろなところで接しますが、そういう中で違和感を持つような変わった髪色の人には今まで出会ったことがありません。ただそれは学生が自主規制しているということでもあるでしょうし、もしも私の目の前に金髪の日本人学生が面接に現れたとしたら、きっとあまり良いイメージでは捉えられないと思います。多くの企業側の担当者は似たような感覚ではないでしょうか。
そしてそこでは、もしかしたらその人が地毛かもしれないといった発想にはならず、そういう意味では私自身もこの「髪色の差別」に加担していたのかもしれないと思っています。
ちなみに私の娘は今年就職活動をしていましたが、ほんのおしゃれ程度に染めた栗色の髪でも、会社行事があると黒く染め直したりしていましたから、やはりどこかに無言の圧力があるということでしょう。

会社によっては、今でも黒い髪色を求めるところは確かにあり、堅い業種の会社や一部の接客業などでそういう話を聞きますが、では髪色が黒くないとそれほど業務に差し障るのかといえば、そこまでの説得力がある会社は少ないと思います。

こうやって髪色に関わることに注目していると、なぜそんなに髪の黒さにこだわるのかということが、少し疑問に思えてきます。

例えば見た目の印象の問題だとして、太っている人や痩せている人に「標準体型にしろ」と強要することは、芸能人やモデルのような特別な仕事の人でもない限りは言われないでしょうし、特に髪の毛のことだったとして、例えば薄毛の人に「カツラをかぶれ」と強制はすることはほぼないでしょう。体形は急に変えられるものではないですし、薄毛も自分の意志でそうなった訳ではありませんから、そういう強制は不合理だと思うからでしょう。

こういうことを言い出すと、例えば服装や髪型、化粧やネイル、さらにはタトゥーや整形まで、身なりに関することはキリがなくなりますが、仕事によっては避けた方が良いものがあるのは確かです。
食べ物を扱う、衛生上の問題、指先を使うといったことで身なりに制約がある仕事の話は聞くことがありますが、そういう合理的な理由があるならともかく、この黒い髪色については、合理性が低いのにこだわりが強いという不思議な印象です。結局はそれほど感覚的な問題だという一つの証明でしょう。

こういうことは、これから少しずつ捉え方が変わっていくものだと思いますし、直接かかわる人たちが意識を持てば、この変化を早めることはできるはずです。
特に最近の企業では、「多様性を認める」「ダイバーシティ」と口では言っているにもかかわらず、いざ実行するとなると難しいのだということを実感しています。