2018年2月19日月曜日

「自分の都合」ばかりの人に足りないもの



最近、別々の人から続けて「自分の都合ばかり」と思ってしまうことに遭遇しました。どちらも仕事の話ではありません。

一つは「ある作業をやってほしい」という話でしたが、別に私がやる必要はなく、私にとってプラスになることは何もありません。しいて言えば、この依頼をしてきた相手の機嫌が良くなる程度のことです。
もう一つは、「いつまでに品物を送ってほしい」という期限に関する話でしたが、その品物はまだ私が使っているもので、相手に急いで渡すメリットはありません。

「それくらいやってあげればよい」「心が狭い」と言われるかもしれませんが、どちらの人ともいつもこの調子で、他人に何かしてもらうのは当たり前だという態度で接してきます。自分が何かを返そうという気持ちはなく、たいして感謝されないことがわかっているので、あまり相手にしたくありません。

これが仕事であれば、条件の問題はあったとしても、必ず報酬があり、100%のWin-Loseの関係に陥ることは、ほとんどないと思います。
それでもお互いの力関係が違い過ぎると、一方的なサービス、ディスカウント、その他無理な要求をされることはあります。また、そういう要求をしてくる人は、だいたいいつも同じだったりします。

こういう人たちのことを、よく「相手目線が足りない」といいます。確かにその通りで、相手の立場を考えること、相手の気持ちになることは大事なことです。
ただ、もしかしたらニュアンスは似ているのかもしれませんが、私はこういう人たちを「想像力が足りない」と思っています。

「相手目線」というのは、一般的には相手の立場と自分の立場を置き換えて考えますが、感じ方や判断基準には個人差があり、そこが違っていると、必ずしも相手の気持ちが理解できるわけではないということになります。

これに対して「想像力」は、置き換えるというよりは、相手の立場や気持ちを想像するということになります。自分は違うけど、相手はこう思うのではないか、こう感じるのではないかということに思いを巡らせることができます。

「自分の都合」をしっかり主張することは必要です。しかし、そこに相手に対する「想像力」が働いていなければ、強引に抑え込みでもしない限り、その主張が受け入れられることはありません。
さらにこれを同じ部門やチーム内でおこなわれると、メンバー同士の関係は悪化し、チーム力は大幅にダウンします。

相手に対する「想像力」が欠けていると、駆け引きも協調もうまくできませんから、ビジネスは成功せず、人間関係でも信頼を得られず、結局損をするのは自分です。
相手を尊重する、気遣うといったきれいごとばかりでなく、自分のためにも相手に対する「想像力」を働かせる必要があります。


2018年2月16日金曜日

スポーツに学ぶ「外部要因による有利不利」を減らす工夫



平昌冬季オリンピックが開幕し、連日競技がおこなわれていますが、特に屋外競技では低温と強風の気候のせいで、かなり苦労があるようです。

もともとがそういう気候の土地柄のようですが、スノーボードのある種目では、強風の中で競技が進められ、全25選手中20人が転倒するという状況だったといいます。
陸上競技のように一緒に走った選手の中で順位を決めていくならば、みんな同じ環境なので問題はないでしょうが、冬季五輪の屋外競技は、順番に滑って採点するようなものが多いので、その時の環境に左右される部分が大きくなり、偶然の要素による有利不利が出てきます。

そんなことが気になって、競技の進行の様子を見ていると、どの競技でもやはり一番気にしているのは風の状態で、例えばスキージャンプでは向かい風有利で追い風不利、スタート位置が高いと有利ということがはっきりしているので、それぞれの採点で、有利な条件は減点、不利な条件は加点するルールが決められています。
他でも風の状態を見て競技委員がスタートを待たせたりしていて極端な有利不利ができるだけなくなるように配慮しています。

これがテニスでは、ニューボールはサーバー有利ということで、ボールを交換するタイミングが決められていますし、用具を使う競技では必ずその規定が決められています。極端な不公平を防ぐということが大きいでしょうが、競技の本質を損なうという懸念もあるでしょう。やはり用具の性能の違いは外部要因の一種といっても良いと思います。

同じように外部要因の違いをどう扱うかという問題は、企業の中でも起こります。多くは社員の評価に関わるところで、例えば営業職であれば地域の違い、顧客の違い、景気動向の違いなどがあります。大口顧客とそうでない顧客、手間がかかる顧客とかからない顧客、顧客が多い地域と少ない地域などの様々な環境があり、営業活動の労力や難易度は大きく違います。たぶん売上目標などで調整したり、その他の部分で配慮したりするのでしょうが、それでも結構大きな有利不利が温存されていたりします。「数字がすべて」といってそんな配慮は一切しないという会社もあります。

全員がまったく同じ環境になることはないので、ある線以上の有利不利は見切るしかなく、それはスポーツでも会社でも同じですが、少し違っていると思うのは、スポーツの世界の方が、勝ち負けやパフォーマンスの有利不利につながる外部要因を、可視化しようという姿勢が強いということです。

確かにスポーツの方が対象が単純で見えやすいということがあるかもしれませんが、先ほどのスキージャンプでも、風には配慮するけれども雪質へのアジャストは選手の責任、それ以外の用具を使う競技でも、基準は決めるがそれに合わせるのは選手の責任など、最も有利不利に影響するものだけを見極めて、それに対する対策を中心にしています。複合する要素をなんでもかんでも調整しようとはしていません。

これに対して企業では、有利不利に影響する要素は認識していても、その中で最も影響が大きなものがどれか、その影響はどのくらいあるのかというところまでは見ていないことがほとんどです。
様々な要素が複雑にからみ合っているとして、一つ一つの要素は見ずに「ここは楽」「ここは大変そう」など、全体を主観的に見ていることが多いです。それは一つ間違うと不公平を助長することになりかねません。

会社での評価で「外部要因の有利不利」を反映しようとしたとき、スポーツの世界でやっているように影響する要因を絞って可視化することは、ずいぶん参考になると思います。
まずは最も影響が大きい要素を定め、その影響がどの程度かを考えることが始まりではないでしょうか。


2018年2月14日水曜日

農水省を笑えない、改革が遅れる会社に共通すること



「働き方改革」の一環として、農林水産省がこれまで利用してきた文書作成ソフトをジャストシステムの「一太郎」からマイクロソフトの「ワード」に統一する方針を決めたという話題がありました。
「一太郎」をまったく知らない人も多数いるようですが、90年代前半にシェアを誇っていた文書作成ソフトで、その後マイクロソフトとのシェア争いに敗れ、2000年代にはほとんど見かけることが無くなっていたものです。

これを報道していた記事には「ワード導入を“働き方改革”とは言わない」「一太郎なんて久しぶりに聞いた」「まだ使っているとは知らなかった」など、時代錯誤を揶揄するようなネットの書き込みが多数あったとされていました。
私もこの記事を見たときは、呆れたというか、思わず鼻で笑ってしまった感じでしたが、同じような印象の人はたくさんいたのでしょう。

なぜそうなっていたのかという考察もされていて、「他省庁と比べて農水省は外部とのやり取りが少なく閉鎖的」「高齢者中心の農業団体などとのやりとりが多く、新しいものへの切り替えに躊躇した」などというものがありました。

実はこの農水省を笑えないような、古い物をいつまでも使い続けて、それが非効率の元凶になっているような会社は、今までずいぶんたくさん見てきました。

今でも手書き帳簿で会計処理をする経理責任者は、「これが一番実務を覚えられる」と言っていました。システム導入の提案があっても断固受け付けません。
でもミスが多く、時間も労力もかかるので、経理事務員は大変です。あまりに旧態依然のやり方なので、常に退職者が出てしまっていました。

ある会社では、導入していたメールの使用を禁止しました。直接コミュニケーションをとる頻度が少なく、何でもメールで済まそうとすることが許せない社長による指示です。
そう思ってしまう気持ちもわからなくはないですが、あくまでコミュニケーションツールの使い分けの問題であり、禁止という極端なやり方は、仕事の効率から言ってもあまり得策ではありません。

ある任意団体では、高齢者の比率が高いため、メールアドレスを持っていない、もしくは使えないという人が関係者の半数近くおり、連絡事項は未だにファックス、会合の出欠確認は往復はがきを使っています。やむを得ないのかもしれませんが、事務局の人の愚痴が耳に残っています。

こういう会社や組織に共通するのは、責任者が高齢などの理由で新しいものに順応できなかったり、中には嫌悪している人がいたり、古いやり方を過大評価していたりすることです。
もっと単純に言うと、経営者や管理者、責任者等の上位の職制の人が、新しいものを「苦手」「嫌い」で、その改革を阻む防波堤のようになっています。

確かに古い物、古いやり方には、それなりの意義やメリットはありますが、会社の仕事は伝統工芸ではありませんから、その優先順位は低いものです。新しいものを拒む人は、予算の問題や能力開発の意義など、いろいろもっともらしい理由は言いますが、結局は自分が「嫌い」「苦手」と思っているだけのことです。

特にIT技術の進歩は目覚ましく、この新しいものを利用しない手はありません。
ただ、文書作成ソフトを切り替えるだけで一大事になるような組織風土では、なかなか難しいことなのかもしれません。