2019年12月12日木曜日

「パワハラ」の防ぎ方を考えてみる 


大手電機メーカーの三菱電機で20代の新入社員が自殺し、教育主任だった30代男性社員が自殺をそそのかしたとして、書類送検されていたという報道がありました。
「死ね」と暴言を吐かれたことなどが自殺現場にメモで残されており、自殺原因がこのようなパワハラにあったとして、男性社員を自殺教唆の疑いで書類送検したとのことです。

三菱電機では、表面化した事案だけでも2014年から2017年の間で、男性社員5人が長時間労働などによる精神障害や脳疾患で労災認定され、うち2人が自殺していたといいます。
今回の件はパワハラですが、例えば長時間労働の問題も、業務の強制や過剰なノルマが伴うことが多いと考えれば、広い意味ではパワハラの一種と言えますから、この会社にそういう企業体質があることは間違いありません。やはり会社の責任は大きく、会社全体が批判されるのも仕方がないところでしょう。
一方、社員数が10万人を超えているような会社ですから、そのすべてがパワハラ体質に染まっているはずはありません。ほとんどが良識ある人たちで、問題はごく一部の社員に限られているでしょう。

パワハラというのは、それを起こしやすい資質、性向の人がいます。
少し調べたところでは、「過剰なストレスを抱えている人」が、ストレスを自分より力が弱い部下にぶつけている場合、「自己中心的な人」が自分の考え、価値観、あるべき論を押し付けている場合、「自己顕示欲の強い人」が、自分の優位性を示すことに固執しておこなっている場合、「過剰に管理したがる人」が、管理の域を超えて事細かに監視をして、部下を疲弊させている場合などが挙げられていました。

これらは基本的な個人の資質、性格なので、修正することが難しい部分です。会社に責任があるとすれば、こういう資質の人物を権限がある立場にすえたことですが、この手の人材は一見ではアグレッシブに仕事をしていて、数字をあげていることも多いため、社内評価が高かったりします。
やはりリーダーにする人材の見極めは、とても重要なところです。

パワハラ防止を進めるために、私が考えるところでは大きく二つの方法があります。
一つは「さらに権限がある者がおさえる」ということです。会社で一番大きな権限を持つのは社長ですが、社長が先頭に立ってパワハラ防止を進めている企業は、確実に成果が出ています。
ただ、社長自身がパワハラ体質を持っているなど、それができる社長はなかなか数が少ないのが実際のところです。
また、パワハラ体質の上司は、上司からの社内評価が意外に高いなど、それなりの力を持っていて、社内の誰かでは問題を指摘しづらいことが多いです。社内の自浄作用だけで解決するのは、相当に難しいと思います。

もう一つの方法は、「社内権力の枠から外れた第三者に関与してもらう」ということです。社外に相談窓口を設けたりすることは、まさにこれにあたります。私のようなコンサルタントも、例えば問題がありそうな上司部下面談に、オブザーバーとして立ち会うようなことがありますが、これもパワハラ防止の一環です。

気をつけなければいけないのは、パワハラ加害者になるタイプの人は、上下関係に敏感な人が多く、相手によって態度が大きく違う場合があることです。自分の上司や第三者がいるときは良くても、それ以外の場所で部下を威圧するような人がいます。私は、自分に対して変にチヤホヤしてくるような相手は、特に注意をしています。
上司にとって良い部下が、その部下にとっても良い上司かどうかは、よく見ておく必要があります。

パワハラは間違いなく組織の問題ですが、それが蔓延する組織には必ず中心的な人物がいて、問題はその周辺で起こります。「みんなで注意しましょう」といった総花的なスローガンで解決することはなく、具体的な行為者の行動を、直接指摘して修正させなければなりません。

ハラスメントというのは、加害者にはあまり自覚がないことが多く、反対に受けている者にとっては死を考えるほどつらいことです。
解決のためには当事者に対する具体的な指摘が必要で、それは社内だけでは難しいことも多く、社外を含めた第三者や専門家の関与も必要です。
個別に、緻密に、具体的に、そして真剣に取り組まなければ、ハラスメントは防げません。

2019年12月9日月曜日

「○○をしない」の否定形の目標は失敗しやすい


ツイッターの書き込みで目についたことです。
ある投稿に「否定形の目標は失敗しやすい」とあり、例えば「夜更かしをしない」は「○時までに寝る」、「怒らない」は「まず笑顔で接する」、「無理をしない」は「○時間ごとに休憩する」など、肯定形に変えるだけで成功率が上がると書かれていました。他の人からは、「肯定的な表現にした方が、目標がより具体的になるからだ」というコメントもついていました。
まさにその通りだと思います。

この手の話は、他にもいろいろな形で言われていることです。
少し前に話題になった「ネガポジ変換」は、言葉の通りネガティブからポジティブへの言いかえで、「頑固」は「信念がある」や「自分の意見がある」など、「優柔不断」は「よく考える」や「思慮深い」などと、言葉の表現をポジティブに言い換えることで、気分が明るくなり、前向きに行動しやすくなるといいます。

他にも「You(ユー)メッセージ」と「I(アイ)メッセージ」というものもあります。
「Youメッセージ」はYou(あなた)が主語、「Iメッセージ」はI(わたし)が主語になる言い方ですが、例えば「Youメッセージ」では、「(あなたは)なぜ連絡しなかったのか」「(あなたが)ゴミ捨てにいきなさい」など、相手を主語にすると責め口調や命令形になりやすいため、相手にとって受け入れづらいニュアンスになりがちだといわれます。
これに対して「Iメッセージ」は、例えば「連絡してくれると(わたしは)仕事がしやすくなる」「ごみ捨てをしてくれると(わたしは)助かる」など、自分を主語にして、その感情を表現することで、柔らかく前向きで、相手に受け入れやすいニュアンになります。

これらの方法は、対象が自分の内面であったり、相手に対するものであったり、それぞれ違いはありますが、いずれも「肯定的、具体的な言葉で表現することが、人間の納得感や前向きな行動を促す」という点で共通しています。

人間の基本的な心理として、「他人からコントロールされることを嫌う」ということがあります。命令をした側からは、その命令に従ったように見えていても、それはその人が「この命令にはとりあえず従っておいた方が自分にとって良いだろう」と主体的に判断した結果だとされ、これは心理学で「すべての行動は自らの選択である」と考える選択理論といわれるものです。

何らかの外的刺激に対して、プラスの反応とマイナスの反応があり、それによって最善と思われる実際の行動を選択するわけですが、そうなると、その人の心理をプラスの反応に導くような、声掛けや言葉での働きかけが重要になります。
最近よく聞くパワハラのような問題は、この言葉の表現がきつかったり一方的であったりすることにも一因があります。

否定形や責め口調を避け、前向きな言葉での表現を心掛けるだけで、人の行動は大きく変わってくるはずです。


2019年12月5日木曜日

「会社の愚痴」は増えているのか、減っているのか?


仕事をしていると、「会社の愚痴」はつきものだと思いますが、私自身の周りでは、最近めっきり聞かなくなりました。

その理由はいくつもありますが、一番大きなことは「周りにいるのが経営者か、事業主か、会社でも自分で物事を決められる立場の人だから」です。愚痴の対象になる相手がいない人、もしくは自分が仕事を動かしている側の人ということです。
そういう人が周りに多いのは、自分が同じ立場ということもありますし、年齢的にそういう人が周りに増えたということもあるでしょう。

ただ、企業勤務の若い社員たちと話をしていても、最近はあまり「会社の愚痴」というものを聞かなくなった気がします。私たちの頃は、上司であったり、漠然と会社であったり、対象はだいたい「上の立場の誰か」で、何かしらの不平、不満、愚痴のような話は常にありました。
しかし、今の若い社員たちは、自分の仕事にかかわる問題を、一方的に他人のせいにしません。自分のキャリア、経験として前向きにとらえて、自分なりにできることをしようとしているように見えます。

ただ、どんなに会社に馴染んでいても、社内のいいポジションで仕事をしていても、こういう人たちは、現状が自分のキャリアに見合わないと思えばすぐに転職していきます。
馴染んで心地よい状態を「停滞」ととらえたりするので、退職者の状況を気にする会社側からすれば困ったことですが、「キャリアの自己責任」の意識が強いことを考えると、致し方ない面があります。

会社のことを含めた「仕事の愚痴を言わない人」に共通しているのは、自分の仕事に対する「当事者意識」の高さです。今でも、与えられた仕事に文句ばかり言いながら、それでいて違った仕事を希望するわけでもなく、転職するわけでもなく、ただ現状にしがみついているかのような人はいますが、主体的に動こうとしないということでは、当事者意識が欠けているというしかありません。
やはり先行きが見通しづらい世の中で、多くの人の仕事に対する「当事者意識」は高まってきているように思います。

最近こんなことがありました。
ちょうどお昼時、飲食店で私の両側にそれぞれ会社の同僚同士と思われる二人組が座りました。全く別の会社の二組ですが、そこで話していたのは、どちらもたぶん同じチームで仕事をしているらしい同僚、もしくは後輩の話でした。
その内容はどちらも、「もっとこういう取り組みができないのか」「もっとコミュニケーションが取れないのか」「自分から手を出そうとしない」「何でも人任せ」など、その同僚もしくは後輩に対する「仕事の上での愚痴」でした。
上司の対応に関する話も出ていましたが、「やってくれなくて当たり前」とか「頼ることが良くない」など、不満の対象ではなく、少し距離を置いた支援者というニュアンスでした。私たちの頃のような「上の人に楯突く」という感じは一切ありません。

こんな話しぶりを聞いていて思ったのは、組織の中では、かつてのような上司、年長者が上だという一律の上下関係が薄れていて、もっとフラットな関係性が一般的になってきているということです。転職が普通になって会社にしがみつく必要がなくなり、会社や上司からの一方的な強制、支配ということは少なくなり、そんな中で「会社や仕事の愚痴」の中身も変わってきているように思いました。

「会社の愚痴」が増えているのか、減っているのか、私の身近なことだけではわかりませんが、みんなの当事者意識が増して、その中身が変わってきているとすれば、多少の愚痴はあっても良いと思います。ただし、現状肯定が行き過ぎていて、問題意識に欠ける面もあるのかもしれません。
いずれにしても、昔とはずいぶん様子が変わってきています。