2019年6月17日月曜日

身近には意外にいない「指摘、ダメ出しをくれる人」


あるテレビ番組で、高齢者の限定免許が検討されている話題が取り上げられていました。75歳以上では、自動ブレーキや踏み間違い防止などの安全装置がついた車の運転に限るという案らしいです。
一つの対策ではありますが、75歳以上でも問題ない人もいるでしょうし、反対にそれ以下の年齢でも危険な人はいます。年齢で区切る難しさが話されている中で、出演者の一人だった武田鉄矢さんがこんな話をしていました。

ご自身が、年令とともにセリフが覚えづらくなり、特定の人名や地名などが全然入ってこないことがあるそうです。最近はある舞台でセリフが飛んでしまって、冷や汗をかくことがあったそうですが、そういうことが年とともに起こるようになったと感じているそうです。
そんな中で、自分ではまだ大丈夫だと思っていても、実は他人から見ると危ういことがあるのではないかと思い、ご自身のマネージャーには「ダメだと思ったらダメだと言ってくれ」と伝えているそうです。「自分の衰えを自分だけで自覚するのは難しく、誰か第三者の目が必要だ」と言っていました。

この話で、今の私自身にも思い当たることが数多くあります。
一番は、ダメ出しをされたり、何か指摘を受けたりする機会が、年齢とともに減って来たことです。自分の先輩にあたる人からは、今でもいろいろな指導をしてもらえますが、自分の年齢が上がるとともに、そういう人は減っています。
私の場合は、社外の専門家として仕事をしているせいか、指導者や先生として扱われることが多いです。個人的にはあまり好ましいと思っていませんが、そうなるのは仕方がないところもあります。
そんな関係性では、何かを指摘されたり、ダメ出しをされたりすることが非常に少なくなり、ダメ出しイコール契約終了なので、何かあってもそれを修正するまでの時間の猶予が得られません。もちろん、自分の非は自分で考えなければなりませんが、実際にやろうとすると、なかなか難しいものです。
忌憚なく意見を言ってもらったり、意見の違いを言い合ったりできる関係は、かなり意識的に作らなければなりません。

同じことは、会社の経営者や管理職でも言えます。偉くなるほど苦言を呈してくれる人が少なくなり、自分で気づきを得る機会が減っていきます。
自分の身近に指摘やダメ出しをしてくれる人がいる経営者や管理者は、何か判断を間違ったときの修正が早いですが、そういう人は、自分で意識して苦言をもらえる相手を身近に置いています。
自分自身を客観視する意識はとても重要ですが、100%自分でやることには限界があります。やはり「信頼できる第三者」が必要です。

さらに、若手であっても、同じく自分に課題を指摘してくれる存在は大事です。ただ、最近は様々な理由で、それがやりづらくなっている様子が見受けられます。
例えば、若手がなかなか納得せずに説明を求め続けるために、上司が根負けしてそのまま放置するケースがあります。納得した上で行動したい若手の考えはわかりますが、それに対応する上司には、かなりの根気が必要です。根気が尽きてしまう上司の気持ちもわかります。
自分の納得を優先し過ぎることで、経験のチャンスを失うことがありますから、時には納得が半信半疑でも、上司に従ってみることで得られるものがあるはずです。

正直言って「煙たい存在」になりがちな、「指摘、ダメ出しくれる人」ですが、誰にとってもそういう人が身近にいてくれることにメリットがありますし、意識的に求めなければ、そういう人はなかなか身近には現れません。

どんな立場にいる人でも、自分の足りないことを「指摘、ダメ出ししてくれる人」の存在は、とても重要です。
そういう人がいるならばその人を大事にし、いないならば自分なりに見つける努力が必要だと思います。
 

2019年6月13日木曜日

「はたらく言葉たち」の炎上で思った“受けとめ方の多様化”


阪急電鉄と企業ブランディング会社がコラボして、「はたらく言葉たち」という書籍の中から選んだ“熱い言葉”を車内広告として掲出する企画の中で、取り上げられた言葉が「実態をわかっていない」「時代錯誤」などと批判されて炎上しました。

特に「毎月50万円もらって生きがいのない生活、30万円だけど仕事が楽しい生活、どっちがいいか(研究機関 研究者/80代)」という言葉には「やりがい搾取」「若い世代の給与を知らないのか」などと批判が集まり、この企画は結局取り止めとなってしまいました。

私も取り上げられていた言葉は全部見ましたが、それなりに共感できるものはいくつもある一方、なかなかブラックな感じで、ちょっとこれはどうだろうかと思うものもありました。
違和感を持った理由は、「一方的な自己犠牲要求」「滅私奉公」「根拠がない努力や精神論の強調」「過度な楽観論」「セレブな自慢話」といったところで、何よりも例え話に共感できなかったところが大きいです。
私の世代では、まだこのあたりが許容できるはずですが、それでも「これはないな」というものがいくつもあったので、もっと若い世代にとっては、さらに大きなギャップを感じてしまうと思います。

しかし、これら「はたらく言葉たち」が車内広告となるまでには、多くの言葉の中から何人もの人の目を通りながら選ばれてきたはずです。それが炎上してしまうということは、私も含めた世間の目と、選んだ人たちの感じ方が大きく違っていたということです。それも、ある程度の許容度がある世代の私ですら、違和感を持つくらいの言葉を逆に良いと思ったということで、そこまで受けとめ方が正反対になってしまうことに、ちょっと驚きがあります。

ここで注意しなければならないのは、この「言葉の受けとめ方の多様化」です。最近働く現場で起こっている問題やトラブルは、ここが原因になることが非常に多くなっています。
例えば「セクハラ」「パワハラ」といったハラスメントの問題は、そのほとんどがお互いの受けとめ方の行き違いです。以前のように、誰が見ても明らかにアウトというケースは、ずいぶん少なくなりましたが、上司はアドバイスや励ましのつもりで言った言葉を、部下から「パワハラ」といわれてしまうなど、善意のつもりの言葉が、正反対に悪意だと取られてしまうような、受けとめ方のギャップが広がっている印象があります。

普段の会話の中でも、些細な一言でものすごく傷ついていたり、怒りを感じていたり、反対にオブラートに包んだらまったく伝わらなかったりします。言いづらそうなことをはっきり言ってくる部下に、面食らってどう対応していいかわからなくなっている上司の姿を見かけます。

そうなった原因はいろいろで、語彙力の問題なども考えられますが、私が思うのは、「人々の境遇が多様化している」ということです。
これは単純に世代の違いなどというだけでなく、かつては総中流社会といわれ、みんなが正社員で同じ会社に終身雇用で勤め続けるような、似た境遇に置かれた人たちが多かった時代から、今は様々な形で格差が広がり、終身雇用は崩れて転職が当たり前になり、雇用形態も様々になっています。
バラバラな境遇で、当然価値観は多様化していき、一つの出来事に対する受けとめ方も、同じく多様になっていきます。

また、日本人のコミュニケーションは、「空気を読む」などと言って、あえてすべてを言わずに以心伝心で伝えるような高コンテクスト文化(察しの文化)に依存したところがあります。
そんな環境にどっぷり浸かってきた上の世代は特に、「みんな自分と同じ」「自分の考え方は平均的」と思っている度合いが高く、その前提でコミュニケーションを取りますが、そういったスタンスが、相手からは「押しつけ」「決めつけ」などと言われ、意図が伝わらないだけでなく、コミュニケーション自体も取れなくなってしまいます。
「はたらく言葉たち」の炎上も、こういった流れとどこかでつながっている感じがします。

言葉の受けとめ方は、様々な要因で多様化しています。言葉選び、話し方には、十分注意しなければなりません。


2019年6月10日月曜日

その仕事は本当に「社員」でなければダメなのか


フリーランスで働く人と、発注者を仲介するプラットフォーム運営会社の「ランサーズ」が、最近出した新聞広告が話題になりました。
「#採用やめよう」というキャッチフレーズが掲げられ、上下逆さまになった全面広告です。

ネットの普及などで、場所や時間にとらわれずに働くことができるのに、昔ながらの労働観が根強いために、柔軟な働き方や多様な人材を活かしきれていないと指摘していて、人手不足なのに「採用やめよう」という逆転の発想を表現するために、上下逆さまで掲載したそうです。
ランサーズの社長は、「正社員だけを前提にして働くことや採用を考えるのをやめよう、という議論するきっかけになれば」と言っています。
この広告に対しては、「優秀な人=正社員でなくなってきている」「働き方の多様性がもっと広がるといい」といった反響があるそうです。

私自身も企業に雇われずに働いている立場なので、その点からの共感はありますが、一方では企業の人事を支援する立場なので、採用する側に立つこともあります。
ここ最近は、多くの企業が「人手不足」に悩み、なかなかうまくいかない採用活動に悩んでいて、私には、採用媒体の選び方、募集広告の書き方や広報のしかた、面接ほかの活動の進め方など、様々なアドバイスを求められます。場合によっては、企業の採用担当の人たちと一緒に、様々な現場の仕事にかかわることもあります。
そんな中で、どの会社に対しても言う機会が増えたのは、「その仕事は本当に社員でなければダメなのか?」という話です。
そもそも私が採用活動を支援しているということは、私のような外部人材を、自社の採用活動に携わらせるような会社なので、何でも社員、内製にこだわる考えはない会社です。自社の戦力になるのであれば、形にこだわらず活かそうとするので、わりと進歩的な考え方をする会社といえます。そんな会社でも、たぶんどこかに昔ながらの価値観での思い込みがあるのです。

「なぜ社員でなければダメなのか?」と聞くと、多い答えは「今までそうだったから」「現場から社員がいい、社員でないと困るといわれるから」といったものですが、「ではその仕事がパートタイマーや協力会社に置き換わったり、アウトソースされたりしたら、どんな問題が起こるのか」と聞いても、明確な答えのないことがほとんどです。そこまで考えていないといった方が正しいでしょう。

理由として、「コア業務だから」といわれたことがあり、確かにそういう部分はあり得るでしょうが、コア業務だからこそ、いつ退職するかわからない社員より、契約で縛られる社外に任せた方が良いという考え方もあります。結局はその会社の価値観によることで、すべてに通用する理由ではありません。
「セキュリティの問題」を挙げた会社がありましたが、社員の方が機密保持レベルが高いとは言い切れません。管理する仕組みによる部分の方が大きいでしょう。
「責任感」「忠誠心」「命令順守」という話もありましたが、それが社員の方が上だと思うのは、やはり一種の思い込みでしょう。

もうずいぶん前になりますが、ある会社から「とにかくフルアサインでずっと社内にいて欲しい」と依頼されたことがあり、先方にその理由を聞くと「何かあった時のために、いつもいてくれないと困るから」とのことでした。
それほどの業務量があると思えないことと、その時は他にもいくつか仕事を抱えていたので、お断りせざるを得ませんでしたが、この例も「社員でなければ」という発想に近かったのだと思います。

私の周りには、自分と同じ境遇ということもあって、個人や小規模法人で仕事をしている人が大勢いて、そこには経験豊富で優秀な専門人材が数多くいます。
これからも引き続き人手不足が考えられる中では、雇う側も働く側も、もっと柔軟にいろいろな選択肢を考える時代になっていると思います。
「社員でなければ」などと、旧来の価値観で決めつけるのをやめれば、会社と働き手の両方にとって、より望ましい形が見えてくるのではないでしょうか。