2017年12月15日金曜日

「うまくいった社内プレゼン」の話を聞いて思ったこと



ある飲食店で、隣のグループの会話が何となく聞こえてきてしまいました。
くわしくはわかりませんが、社内での役員向けの大事なプレゼンが成功したらしく、その慰労と打ち上げの会のようです。

断片的に苦労話が聞こえてきますが、直属の上司と何度も内容を確認して資料のアップデートを重ね、相当に準備してのぞんだプレゼンだったそうで、毎日遅くまで資料作成をしていたらしいです。プレゼンでは特に質問や異論もなく、すんなりと終わったようで、みんな「とりあえず苦労が報われてよかった」と言っています。

こういう達成感がなければ、「仕事なんてやっていられない」と思ってしまうこともありますし、かかわった人たちがこうやってみんなで達成感を分かち合えるのは、とても良いことだと思います。
その中身はいろいろだとしても、こういう苦労はどこの会社でもありますし、こうやって頑張っている人たちが大勢いるのだとあらためて思います。

しかし、私がそこでふと思ったのは、「たかが・・・」と言っては失礼ですが、なぜ社内でのことなのに、そこまで力を使わなければならないのだろうかということです。
もしかするとプレゼン資料が素晴らしかったおかげですんなり終わったのかもしれませんが、質問も異論もなかったのであれば、もっと簡単なプロセスで承認を得る方法があったのではないかと思ってしまうのです。

もちろん社内の承認、決裁の手順は決まっているでしょうし、重要な決定事項は慎重に進めなければならないことも十分に理解していますが、それにしてもあまりに非効率な感じがしてしまいます。

この手の問題を改善する方法となると、「承認・決裁手続きの簡素化」ということになりますが、これは絶対にトップダウンでなければできません。もちろん現場レベルから話を持ち出すことはできると思いますが、それは「自分たちの権限を増やせ」と言っていることなので、そう簡単には認めてもらえないでしょう。

そして、この簡素化の話を経営者や役員クラスの人たちから見れば、「自分たちが口出しできる余地が少なくなる」と思う人もいます。自分の関与が少なくなることを好ましく思わない人がいるために、なかなか改善が進まない会社が多いです。そして「会議が多い」「資料が多い」「手続きが多い」という理由の多くは、それを過剰に求める上司の側の問題です。

昨今の「働き方改革」は、どうも長時間労働の話ばかりに偏っている印象で、本来はもっと多くのことに目を向ける必要がありますが、このような効率的とは言えない社内業務の様子を見ていると、偏ってしまうのは仕方がないという感じもします。

業務の効率化を考える中で影響が大きいのは、社内でのこういう仕事の進め方です。この改善のためには経営者をはじめとした管理職の意識が重要です。
やめられることは積極的にやめなければ、仕事の効率はなかなか上がらないと思います。


2017年12月13日水曜日

“やる気がない”の指摘は“やる気がある”状態を知らないと言えない



部下や後輩に対して「やる気がない」と愚痴る上司や先輩は大勢います。
「仕事が遅い」「覚えない」「指示待ち」「責任感がない」など、様々な仕事の不出来をひとまとめにして「やる気がない」と言っていることが多いようです。
でもそれは本当に「やる気がない」のでしょうか。

自分自身を振り返ると、「やる気がない」という状態は確かにあります。疲れがたまっていたり、同じことを続けて根気が無くなっていたりするとそうなりますし、上司に怒られたなどと言うのは、やっぱりやる気がなくなります。また、誰かと揉めた、喧嘩した、大事なものを失くしたなど、仕事と関係ないことが影響していることもあります。

では「やる気がある」という状態を考えると、私の場合はこちらの方がもっと難しく、それほど頻繁にあった訳ではありません。やる気満々でみなぎっているようなことは、今までの仕事人生すべてを考えても、本当に数えるほどしかありません。それ以外は日常の中で、わりと当たり前な普通の心理状態で仕事をしていることがほとんどです。それは“やる気”がどうこうに関係なく、自分の役割、責任をしっかり果たすという意味です。

さらに、これらは自分の内面で思っていることなので、その時の私のやる気は他人から見てもたぶんわかりません。一方的に「やる気がない」などと指摘されても、その時に自覚している状態と合致しないので、納得感はまったくないでしょう。
納得できるとすれば、それは自分の「やる気がない」という気持ちをズバリと指摘されたときです。図星を指す上司や先輩は、少ないですが確かにいました。

これは、あるサッカー少年団のコーチですが、子供たちの様子からこのあたりをズバリと指摘する人がいました。「やる気がなくて惰性でやっている」「うまくいかなくてふてくされている」などと指摘するのですが、それがほとんど当たっています。なぜ当たっていることがわかるかというと、子供たちは「コーチにはすぐばれる」と言っていますし、その言葉で子供たちの動きが確実に変わるからです。

私がとても参考になったのは、なぜ当てられるのかをコーチに尋ねたとき、「子供たちの“やる気がある”という状態を知っているから」とおっしゃっていたことです。
「内面は必ずどこか行動に現れるが、いい状態の行動と悪い状態の行動の両方がわかっていないと、その時の的確な指摘はできない」ということでした。

「やる気がない」という指摘の多くは、相手の行動を自分が持つ基準や受ける印象に合わせて言っているのではないかと思います。
「はきはき」「きびきび」「まめな報告」などは、たぶん“やる気がある”と言われますが、その人にとってはただの習慣で、やる気がなくてもやっているのかもしれません。
反対に「だらだら」「のろのろ」「言葉足らず」も、あくまでこちらの基準では“やる気がない”と見えますが、本人はやる気があってもそのペースなのかもしれません。この行動自体は指導しなければなりませんが、それを“やる気がない”と指摘しても、本人に伝わるとは限りません。

「やる気がない」という指摘は、その人が「やる気がある」という状態も知らなければ、相手の内面と合致した指摘はできません。当然ですが相手の納得感も得られません。
どんなことでもそうですが、「幅を知っていくこと」の大切さを感じます。

2017年12月11日月曜日

「ワークライフバランス」の個人差



ある経営者と話していて、ワークライフバランスの話になりました。この人は最近の残業上限規制などについては、「大きなお世話」だと思うそうです。
もう少しくわしく言うと、この社長は「自分の会社では、たくさん働く人は働くし、そうでない人はそれで十分に役割を果たしているし、それに対する強制も無理強いもいっさいない」「それを一律に時間だけで縛ろうとするのは、働くことが好きでもっと働きたい人の志向を奪う」「結局全体の生産性を下げてしまうのではないか」ということでした。

この残業規制にまつわる話で、「働きたい人が働けなくなる」「仕事が好きな人からそれを取り上げてしまう」という意見は、結構いろいろな場所で耳にします。確かにそういう側面はあると思います。

これは私自身のことですが、独立して仕事をしている立場で言うと、「仕事をしている」といえる時間は、会社勤めの頃よりも確実に長くなっています。真夜中の変な時間や土日などの週末に作業していたりします。
ただ、その時にやっていることが仕事か否かという切り分けは、とてもしづらくなっています。今が仕事かどうかがわかりづらい人付き合いや会合、作業という時間は結構たくさんあります。他人から見れば仕事でも、本人の精神的には仕事ではないということもあります。顔見知りとの飲み会だけど、話の中身はほとんど仕事というようなときはそんな感じです。

ですから、私が誰かに「労働時間は何時間?」と聞かれると、本当にものすごく困ります。「ちょっとでも仕事の要素がある時間」をすべて含めると相当な長時間労働になりますし、それを「自分が仕事と思ってやっている時間」にすると、意外に世の中で言われる“適正な労働時間”になりそうに思います。
やはり一番大きいのは、すべてのことを自分に意思に基づいてやっているということで、だからあまり労働時間を気にしていないのでしょうし、もしそうでなければ、どんなに短時間でもたぶん相当つらいだろうと思います。

これは私の個人的意見ですが、残業上限規制ということで言えば、私は導入に賛成です。確かにそんなものが必要ない人はたくさんいますし、それで仕事を奪われたと思う人がいることも理解しますが、そこで一番の問題は、本当の意味でそれが「自分の意志」に基づいているのかということです。

私などは自分の意志で時間を使い、自分の意志で働いているので、何かよほどの特殊事情でもない限り、過重労働になることはありません。
ただし、同じような独立事業者であっても、みんながみんなそうではありません。顧客との力関係がいびつだったり、発言力がない弱い立場になってしまったりすると、「自分の意志」とは言えない内容の仕事はたくさんあるでしょう。

また、これが企業に雇用されている人であれば、さらに話は変わってきます。自分の裁量余地がない状態で誰かの指示命令を受けて仕事をすることや、自分の意志に反したことをしなければならない状態がどこかで必ず出てきます。中には「仕事とはそういうもの」「そうやって仕事を覚えていく」「つらい仕事を経験することで耐性がつく」などという人がいますが、そのすべてを否定はしないものの、人が感じるつらさというのは決して一律ではありません。

単純な時間数でいうのはあまり適切ではありませんが、例えばつらくて仕方がない月10時間の残業も、全然気にならない月50時間の残業もあります。これが月80時間、100時間などとなれば、また健康上の問題もあるので少し状況は違いますが、それでも平気だという人もいますから、このあたりの個人差というのはとても大きいものがあります。

私は残業の上限規制については、結局は個人の意思に反した長時間労働が多くの企業で常態化し、そのせいで健康を害したり、不幸にして亡くなったりしてしまうような人がたくさんいるという現状があるからおこなわれるのだと思っています。それくらい「自分の意志」に基づかない仕事があるということで、これは企業の自業自得だと思います。

ワークライフバランスには、確かに個人差があります。ただ、その個人差が本人の意志に基づいた形になるまでには、まだしばらく時間がかかりそうです。